アンティーク家具の設置方法

アンティーク家具を設置するときの注意点

アンティーク家具は素敵ですが、独特の深いブラウンはどうしても重さを感じさせる家具です。そのためバランスを考えずに家具を設置してしまうと、どうしても部屋が狭く息苦しい雰囲気になってしまうこともあるため注意が必要です。アンティーク家具を使いたいという場合には、設置方法の前に置き方などもきちんと理解してから設置することが大切となります。アンティーク家具を置く時には、家具同士をくっつけたりするのではなく、少し空間を空けて配置していきます。現代家具と一緒の空間に置く時にも注意が必要で、あまりに近くに並べてしまうと材質の違いなどに目がいってしまいちぐはぐな印象になってしまいます。重要なのは、バランスを考えて配置することがオシャレな印象を作るためのポイントです。

家具を設置する方法とは

アンティーク家具は基本的には通常の家具と同様の設置方法で設置していきます。床に傾きがないか、家具がガタつかないかなどをチェックして設置します。家具が安定しないという場合には、違う場所に置いてみることで床に問題があるのか、家具に問題があるのかがわかります。ガタつきがあるという場合には、家具の手前側にある左右どちらか一方の足にベニヤ板または段ボールを挟むことで少しのガタつきは解消できます。また、部屋の雰囲気作りのための設置方法としては、アンティーク家具は一点ものですので、こだわりのある家具を中心にコーディネイトしていきます。中心にした家具を引き立てるかどうかを基準に部屋を整えてきます。全体のバランスを見ながら整えることが大切です。